メモです

メモです

人狼 JIN-ROH の冒頭

 あの決定的な敗戦から十数年。

 占領軍統治下の混迷からようやく抜け出し、国際社会への復帰を図るべく「高度経済成長」の名の下に強行された急速な経済再編成がその実を結びつつある一方で、この国は多くの病根を抱えていた。

 強引な経済政策が生み出した失業者の群れとその都市流入によるスラム化を温床とした凶悪犯罪の激増。わけても武装闘争を掲げた反政府勢力の急速な台頭はこれに対処すべき自治体警察の能力を超えて深刻な社会不安を醸成していた。

 自衛隊の治安出動を回避し、あわせて国家警察への昇格を目論む自治警内部の動き索制すべく、政府は第三の道を選択した。首都圏にその活動範囲を限定しつつ、独自の権限と強力な戦力を保有する国家公安委員会直属の実働部隊「首都圏治安警察機構」通称首都警の誕生がそれである。

 迅速な機動力と強大な打撃力によって治安の番人としての栄誉を独占し、第三の武装集団として急速に勢力を拡大した首都警。

 しかし、当面の敵であった反政府勢力が非合法化を含む様々な立法措置によって解体し、離合集散の末にセクトと呼ばれる都市ゲリラを生み出すにおよんで状況は大きく転回することになる。首都警の中核をなす特機隊とセクトの武力衝突は熾烈を極め、時に市街戦の様相を呈することもしばしばであり、激しい世論の指弾を浴びた。経済的繁栄への期待に向けて流れ始めた世相の中、その宿敵であるセクトと共に急速にその孤立を深めつつあった。

 強化服と重火器で武装し「ケルベロス」の俗称と共に武闘路線をひた走り続けた特機隊の精鋭たちもその歴史的使命を終え、時代は彼らに新たなそして最終的な役割を与えようとしていた。