メモです

メモです

リムパックの米空母撃沈判定について

米空母を撃沈判定するのは珍しいことではない

・2004年にカナダのディーゼル潜水艦が米空母を撃沈判定

How to Sink an Aircraft Carrier – War Is Boring – Medium

・2015年にフランスの原潜が米空母を撃沈判定

In 2015, a 30 Year Old French Nuclear Submarine 'Sank' a U.S. Aircraft Carrier | The National Interest Blog

ソースがないが2004年に韓国の潜水艦が米空母を撃沈判定というのもある。

 

米空母を「撃沈」が頻繁に起きる確かな理由は不明だが、ネットで検索したところ

・米空母は動ける海域が制限されており、小さな範囲を潜水艦で追い回すことができるから

・米海軍からのリムパック参加賞

・国別対抗ではなく仮想的な状況設定に基づき参加艦艇が2グループにわかれて闘うので米海軍の全力ではない。2015年の撃沈でもフランスの原潜が米海軍のP-3Cの援護下で撃沈したとある。

・操艦や連携の錬度向上を目的としているのであって、実際の戦闘行動はおまけ

・各国とも真の実力は軍事機密なので見せていない。

などが理由として挙げられている。

 

またSINKEXという名前で米海軍の退役艦艇を的にして、実際に撃沈させる訓練もリムパックでは行われている。